医学部が求めるのはどんな学生?

医学部が求めるのはどんな学生? 医学部人気は留まるところを知らず、10倍の倍率を潜り抜けなければならない、というまさに戦争じみた受験を乗り越えなくてはならないという点で非常に難関と言える学部ですが、医学部の側は一体どのような学生を求めているのでしょうか。
まず、最も大切なのは倫理観を持ち合わせた学生であることです。
入学後には倫理観を問うことはあっても大学の側から磨こうとすることはありません。
ですので、患者さんに慈愛の精神を以って関われる、そういった学生にこそ医師になる素養があると言えるでしょう。
次にコミュニケーション能力が求められます。
医師は医療現場において常にタクトを振る側です。
独りよがりなリーダーにならないためにも、医療チームとの関係性構築が円滑にできるようなコミュニケーション能力は医師にとって欠かせないことでしょう。
もちろん、これらは安定した学力の上にしか成り立ちません。
一生勉強、と言われる医師の世界に身を置く権利があるのは能力、そして勉強をし続けられるある種のタフさが求められるのです。

医学部卒業後はどんな道に進む?

医学部卒業後はどんな道に進む? 大学の医学部を卒業した後、多くの人はそのまま臨床医としての道を選びます。
医師国家試験に合格し、医学部を卒業した人は、2年間の初期臨床研修と3~5年程度の専門研修を経て、一人前の医師として病院や診療所などで勤務をすることになります。
臨床医に次いで選ぶ人が多いのは医学博士、つまり大学院の博士後期課程に入って研究を続けるという道です。
他の研究科は博士後期課程の標準修業年限は3年ですが、医学研究科については1年多い4年が修業年限となっています。
大学院に進む場合は、改めて入学する大学を選ぶことができ、多くの人は出身大学の大学院にそのまま進みますが、まれに他大学に入学する者もいます。
また、医療関係の行政職の道を選択する人もいます。
この場合の行政職とは、医療を所管する厚生労働省の職員や、外務省、防衛省、法務省の医務官(医官)を指します。
医学部卒業者はほとんどが医療が関係する職に就きますが、まれに一般企業の社員や学習塾の教員、国会議員、ジャーナリストなど、まったく関係ない進路をとる人もいます。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>